合金の異相界面構造の安定性解明の為の理論計算手法の開発

弓削 是貴
(京都大学大学院 工学研究科 材料工学専攻 助教)

2013年10月1日火曜日

界面近傍での不規則構造

一般に有限温度での不規則構造は一つの原子配置として表すことは出来ず,ensembleとして考えます.界面近傍でも高温では不規則構造が実現しうるのですが,バルクと比較して界面の計算には一般に膨大な原子数が必要であり,さらにそのensmeble(通常100万〜1000万個,あるいはそれ以上)を考慮するため第一原理からの定量的な評価は困難です.

最近,不規則構造を上記のようなensmebleではなく,ごく少数の構造の情報から表すことのできる理論を開発しました.現在,バルクでこの理論を検証中ですが,これがうまくいけば界面近傍での不規則構造についてもかなり少数の構造から定量的に予測できるのではないかと考えています.